産地の違いでたんぽぽ茶・たんぽぽコーヒーを比較!ポーランド産・国産・中国産の違いや無農薬かどうかをチェック

たんぽぽの産地で比較

妊活中の女性や母乳育児を考えている女性の注目を集めているたんぽぽ茶。健康を考えて飲みたいお茶だけに、産地の違いによる品質や安全性、味の違いは気になるところではないでしょうか。今回は、たんぽぽ茶・たんぽぽコーヒーの産地として多く登場するポーランド産、中国産、そして国産のたんぽぽ茶による品質の違いを比較し、おすすめのたんぽぽ茶をご紹介していきたいと思います。

たんぽぽ茶・たんぽぽコーヒーって何?どんな効果があるの?

産地による違いを説明する前に、そもそもたんぽぽ茶・たんぽぽコーヒーにはどのような効果があるのかをおさらいしておきます。

たんぽぽ茶・たんぽぽコーヒーを多く飲まれるのは、もうすぐ赤ちゃんが産まれる妊娠中の方や産後に母乳で赤ちゃんを育てている授乳中のママの方です。

これらの女性にとって嬉しいのは、たんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーにはホルモンバランスを整え母乳の出が良くなる成分が含まれているということです。便秘解消効果も期待ができるのも、臨月でお腹がはってきて便秘をしやすい妊婦さんにとっては嬉しい効果です。

たんぽぽ茶とたんぽぽコーヒーには厳密な区分けはありませんが、お茶の風味に近いもの、コーヒーの風味に近いものなど、様々な種類の商品が販売されています。たんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーの違いについてより詳しくしりたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

たんぽぽ茶とたんぽぽコーヒーの違いって何?味は違うの?どちらも母乳に良いの?

どちらもノンカフェインなので、妊娠中・授乳中などカフェインを控えたい方でも安心して飲むことができます。

代表的な3つの産地による比較

それでは、産地別のたんぽぽ茶・たんぽぽコーヒーを見ていきたいと思います。

その1 ポーランド産のたんぽぽ茶・たんぽぽコーヒー

ポーランド

たんぽぽの産地で有名なポーランド。実はたんぽぽコーヒーの発祥の地とも言われています。涼しい気候や、降り注ぐ太陽のもとで、たんぽぽが育つのに適した地と言われ、良質なたんぽぽが生産されています。

たんぽぽ堂のたんぽぽコーヒーは、ポーランド産のたんぽぽを丁寧に焙煎し、国内で全ての製造を行うなど品質管理にも全力をあげています。放射能検査なども行い、安全で安心な商品の提供にも努力しています。少し値段は高いですが、数あるたんぽぽコーヒーの中でもコーヒー味の再現性はとても高いです。深く煎られたたんぽぽ根から、コク深い味がします。

たんぽぽ堂 極上

特に期待できる効果:母乳育児

総合★★★★★
★★★★★
品質★★★★★
栄養★★★★★
飽きが来ない★★★★★
コーヒーらしさ★★★★★
飲みやすさ★★★★★
手軽さ★★★★
お値段(安さ)★★

コーヒー通ママの舌も唸らす口コミ多数!極上の名に相応しいたんぽぽ堂・たんぽぽコーヒーの美味しさの秘密とは?

ポーランド産のたんぽぽコーヒーと言えば、他には「がばい農園のたんぽぽコーヒー」があります。こちらは、1パックに入っている量が少ないせいもありますが、たんぽぽ堂のコーヒーと比べると少し薄めです。有機栽培にこだわり、製品の製造過程で異物が混入しないようにするなど、その管理プロセスも徹底しています。オーガニックで安心・安全なたんぽぽコーヒーを求める方には、がばい農園のたんぽぽコーヒーはおすすめです。

がばい農園のたんぽぽコーヒー
総合★★★
味・品質★★★
栄養★★★★
コーヒーらしさ★★★
安心・安全★★★★★
お値段(安さ)★★★★

Amazonの口コミでも人気!がばい農園は安心・安全オーガニックなたんぽぽコーヒーを望むママにおすすめ

その2 中国産のたんぽぽ茶・たんぽぽコーヒー

中国

中国産というと、農薬等の使用などが心配というイメージを持つ場合もあるかもしれません。しかしながら、安全性にしっかり配慮してつくられている商品も多くあります。

例えば、ティーライフのたんぽぽ茶やたんぽぽコーヒー(ぽぽたん)の原産は中国です。ですが中国と言っても、国で保護区域に指定されているような環境の良い中国吉林省にのみ生産地を限定し、人も動物も簡単には立ち入ることができない場所でたんぽぽを安全に生産しています。たんぽぽは農薬を一切使わず栽培していて、日本に輸入した後も農薬検査を実施しています。最終的には商品を国内で製造し、安全性を確認しています。たんぽぽ自体は無農薬での製造ですが、周囲からの飛散農薬の可能性も考えて残留農薬の分析試験も行われているという徹底ぶりです。

ティーライフ たんぽぽブレンド茶

特に期待できる効果:母乳育児

総合★★★★★
★★★★★
品質★★★★
栄養★★★★★
飽きが来ない★★★★
飲みやすさ★★★★★
手軽さ★★★★
お値段(安さ)★★★★
ブレンド黒豆、醗酵ギンネム

お試しパック・返品・返金保証あり!初心者おすすめ度No.1のたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」のレビューと口コミ

たんぽぽコーヒー ぽぽたん

特に期待できる効果:母乳育児

総合★★★★★
★★★★
品質★★★★
栄養★★★★
飽きが来ない★★★★★
コーヒーらしさ★★★★
飲みやすさ★★★★
手軽さ★★★★
お値段(安さ)★★★★

ティーライフたんぽぽ茶ブレンドの評判と口コミ:お試し&返金保証で初心者おすすめNo.1

AMOMAのたんぽぽコーヒーも中国産ですが、同様に中国吉林省で育った安心・安全なたんぽぽのみを使っています。ティーライフの方が国内での検査を徹底して行っているという点ではより安全レベルが高いですが、AMOMAのたんぽぽコーヒーも安全レベルは非常に高いと判断して良いでしょう。

AMOMAたんぽぽコーヒー

特に期待できる効果:母乳育児

総合★★★★★
★★★★
品質★★★★
栄養★★★★
飽きが来ない★★★★★
コーヒーらしさ★★★★
飲みやすさ★★★★★
手軽さ★★★★
お値段(安さ)★★★★

AMOMAのたんぽぽコーヒーの商品レビューと口コミ:産院でも採用!ママ目線で開発された母乳育児サポート飲料

たんぽぽ茶・たんぽぽコーヒーにいたっては「中国産=安全でない」とは、必ずしもならないことが分かります。

その3 国産のたんぽぽ茶・たんぽぽコーヒー

日本

ほとんどのたんぽぽ茶は中国産やポーランド産のものが多いようです。やはり「国産」と聞くと安心できるという方には、原材料も含め、国産のたんぽぽ茶も販売されています。

Amaoznや楽天で取り扱いがある国産のたんぽぽ茶としては、小川生薬のたんぽぽブレンド茶があります。

小川生薬は1925年(大正14年)に徳島県で創業した漢方の生薬原材料を提供する会社です。たんぽぽ根、ごぼう、黒豆、玄米の全ての原料が国産100%です。国産の安心感を一番に考えたい方には、おすすめできるたんぽぽ茶です。

産地の違いとまとめ

最後に、産地の違いについてまとめます。

ポーランド産 たんぽぽコーヒー発祥の地でたんぽぽの栽培が盛ん
中国産 国の保護区域に指定された安全な場所で生産されている
国産 やっぱり安心の国産、数は少ないが各農園のこだわりが反映

以上のように、3つの産地のたんぽぽ茶を比較してきましたが、どの産地の商品も安全性に気を使い、研究を重ねて販売されていることが分かりました。そもそも、たんぽぽ自体が強い生命力を持ち、農薬の助けを借りなくても育てやすい植物であるというのも無農薬栽培ができる要因の一つでもあります。

紅里
「中国産」って聞くとどうしても敏感になっちゃうけど、たんぽぽコーヒーやたんぽぽ茶に限ってはそんなに心配しなくても大丈夫なのね。
T博士
たんぽぽは、無農薬でも元気に育つ強い植物ぢゃからのぅ。中国産でも非常に綺麗で安全な場所で栽培されておる。過度な心配はふようぢゃな。

産地にはこだわり過ぎず、目的に合った商品を選ぼう

結論としては、たんぽぽ茶とたんぽぽコーヒーを選ぶ際には産地にはこだわり過ぎなくても良いということになります。たんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーを飲む目的は人それぞれです。

母乳育児のサポートを目的に飲むのであれば、母乳育児に効果的なたんぽぽ茶・たんぽぽコーヒーを以下の記事でまとめているので、参考にしてみてください。たんぽぽ茶・たんぽぽコーヒーはメーカーによって味も異なるので、毎日飲み続けるためにも、自分の好みに合ったものを選ぶことが大切です。

たんぽぽ茶の口コミを調査!母乳育児に本当におすすめのたんぽぽ茶はどれ?

たんぽぽコーヒーの口コミを調査!母乳育児に効果的なたんぽぽコーヒーはどれ?

妊活を目的にたんぽぽ茶を飲むのであれば、たんぽぽの葉から独自のショウキT-1エキスを抽出したたんぽぽ茶「たんぽぽ茶 ショウキT-1」がおすすめです。以下の記事で徹底レビューしているので、合わせてご覧ください。(ちなみに、ショウキT-1のたんぽぽは中国産です。)

たんぽぽ茶ショウキT-1の妊娠効果と模倣品を掴まないための注意点

はかせのまとめ

  • たんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーは産地の違いもあるが、たんぽぽ自体が無農薬で育てやすいのぢゃ。
  • どの産地のたんぽぽも、安全性に配慮して栽培されておるのんぢゃて。
  • 産地にこだわり過ぎず、自分の目的と好みに合ったたんぽぽ茶・たんぽぽコーヒーを選ぶのぢゃ!